穴から覗く

自己防衛のための一つの手段としてのスパイカメラ

スパイカメラと聞くと、人によっては主に性犯罪を目的として使われるものという悪い印象を抱いているか、あるいはプロの探偵などごく限られた人間だけが使用するものだと考えているかで、いずれにせよ、自分とはあまり縁のないものと考えている人が多いかもしれません。しかし、スパイカメラは使い方によっては私たちの日常生活で非常に便利な道具になりえるのです。
スパイカメラと一言に言ってもその種類は様々で、例えば時計型のものやペンタイプ、眼鏡タイプなどがあります。これらは日常生活おいて非常に見つかりづらく、どんな時に有効に役立つかというと、例えば上司によるセクハラを訴える際や、教師による理不尽な虐待を告発するとき、あるいは電車での痴漢を検挙するときなどに非常に役立ちます。スパイカメラによって、今までただ泣き寝入りするしかなかったことに、対抗することができるようになるのです。つまりスパイカメラとは自分を守るための一つの手段なのです。
基本的にそういったカメラは、ネットかスパイカメラ専門店で購入できるのですが、個人的には専門店での購入をお勧めします。なぜなら確かにネットは専門店に負けず劣らず品ぞろえが非常に豊富であり、場合によっては専門店より安く手に入る場合もあるかもしれません。しかし専門店では、ネットなどの通販と違って知識豊富な店員さんにスパイカメラについて詳しく教えてもらえるからです。

ニュース

最新記事一覧

SITE MAP